葬儀って意外と大変、千葉に住んでてもそれは同じ

結婚式や入学式、卒業式などライフイベントに儀式はつきものですが、その中でもいちばん大変と言っても過言ではないのは葬儀です。

なぜなら、結婚式などの式典は、あらかじめ日取りが決まっておりその日に向かって準備をすればいいだけですが、葬儀はそうはいきません。

生前葬といった特殊な形式は除き、葬儀というものは人が亡くなってから初めて準備をして執り行われるものであり突然やってくるからです。

葬儀は忌事のため、前もって準備をするわけにもいきません。

ですが、余りにも何もせずにいると、故人を送る大事なセレモニーが台無しになってしまうことも。

あらかじめ一般常識として葬儀のことを知っていれば、迷ったりすることはありません。

ぜひ今後に役立てましょう。

《千葉の葬儀》

もちろん葬儀は日本全国どこでも行われていますが、特に千葉について今回はご案内します。

千葉の葬儀は全国と比べても大きな差異はなく一般的な仏式で行われ、お通夜と葬儀・火葬がセットになっています。

ですが、ひとつ気をつけたいのが「前火葬」の風習です。

千葉は他地域と異なり、葬儀の前に火葬を行う風習があるため、葬儀の段取りをする際は前火葬をするかどうかや参列者への周知をきちんとしておく必要があります。

千葉は特に、前火葬をやる地域が複雑に入り組んでいるため事前に確認が必要です。

変わった風習も地域ごとにあるようですが、もし心配なら実際に葬儀を行う葬儀社に確認を取りましょう。

葬儀のプロですから、地域ごとの特色もよくわかっていますよ。

▽check!関連記事紹介:お役立ち情報!葬儀にまつわるちょっといい話を紹介~千葉編