葬儀の際に故人に付けられる戒名について知っておこう

仏式の葬儀を経験した人ならピンとくるのではないかと思いますが、故人には必ず「戒名」がつきます。

葬儀の際にお坊さんに呼ばれて初めて気づく人も多いかもしれません。

ですが、戒名の意味や詳しいことを説明できる人はほとんどいないのではないでしょうか?

必ず知らないといけないことではないのですが、豆知識として知っておきましょう。

《戒名とは》

戒名とは「お釈迦様(仏様)の弟子になった証拠として故人に授けられる名前」のことを指します。

仏式の葬儀の場合、仏の弟子として戒名を授かり仏教徒でなくてはならないという考えのもとに日本独自でつけられるようになりました。

もちろん宗派によってその定義や考え方は異なり、特に浄土真宗では戒名はありませんので注意しましょう。

《戒名を授かるタイミング》

本来の戒名は、生前に仏教徒として出家する時に与えられるものでした。

現在の戒名は葬儀の時やご位牌に用いられますが、タイミングとしては亡くなった直後に菩提寺のご住職に連絡し、葬儀に間に合うようつけてもらうことが一般的です。

最近では菩提寺のない家族も多いため、そのような場合は葬儀を執り行う僧侶に戒名をつけてもらいます。

戒名は仏教徒である証なので、葬儀の際にはもちろんのこと、ご先祖と同じお墓に入る場合も必要とされます。

もちろん生前故人の遺志により戒名が要らないという人も最近は増えているようです。

その場合は菩提寺に入ることができないため、共同墓地などに埋葬されるようです。