キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 自治体で回収してもらえない時 : 横浜の不用品回収ハートフルナビ

自治体で回収してもらえない時

横浜の不用品回収ハートフルナビ

横浜の粗大ごみ回収サービスは有料で、不用品回収には出せる場所、出せるごみの規定が細かく決められているため、都合が合わなければあてにならないことも多い

新着記事

  • 自治体で回収してもらえない時

    横浜の粗大ごみ回収サービスは有料で、不用品回収には出せる場所、出せるごみの規定が細かく決められているため、都合が合わなければあてにならないことも多い

  • 不用品回収業者を上手に使う

    コストがかかる不用品回収、横浜で引越や買取り兼業の業者を使って、無理なく無駄なく家の整理整頓をする

自治体で回収してもらえない時

横浜市は事前に受付予約をして粗大ごみを回収してくれる有料の不用品回収サービスがあります。

ステレオセットが500円、カラオケ演奏装置1500円、食器洗い乾燥機1000円、ベッドわく1000円というように、アイテムごとに単価が決まっています。

ひとつひとつの不用な粗大ごみに関してリストアップして、それぞれの価格を合算していく必要があります。

これだけで1軒分を整理しようとすると、相当な時間がかかりそうです。

インターネットの一覧表に網羅されていない家財道具に関しては、粗大ごみ受付センターへ問い合わせて、こういった大きさのこういう家具・家電があるのだが、回収は可能なのか、いくらかかるのかと確認をする必要も出てきます。

手数料は指定の金融機関・郵便局・コンビニに支払うことになります。

自治体が回収できる粗大ごみには規定があり、エアコン、テレビ、電気冷蔵庫・電機冷凍庫、電気洗濯機、衣類乾燥機は回収しません。

それぞれ家電小売店等が回収し、家電メーカー等でリサイクルすることになっています。

請負工事等で出る粗大ごみの畳、ブロック、フェンスも回収はしません。

一時多量ごみといわれる引越しなどで出た大量のごみに関しては、自分で市の処理施設に持ち込むのですが、慣れていない人が軽トラックなどを運転してごみを処理するのは難しいでしょう。

タイヤ、バッテリー、金庫、ピアノ、ガスボンベ、灯油、塗料、薬品類、バイク、消火器、事業活動に伴って排出されたものは、横浜市では回収していません。

一度に多くの種類の不用品を整理したいと思ったら、不用品回収業者にお願いするの最短で楽に整理ができることがわかります。